星医会 東海大学医学部同窓会
 
 会報(第32号)
 〜平成17年3月1日発行〜


同期会便り
8期生同期会報告
市村 篤(8期生)

 星医会総会前日の平成16年3月13日に、総会の会場の京王プラザホテルの対面にある新宿センタービル53階「つきじ植村」で、 8期生の同窓会が初めて開催されました。8期生は昭和62年卒ですので、 実に17年ぶりの同窓会となります。小田真理先生・中川儀英先生の掛け声で、 急遽1ヶ月前に開催することが決定しました。 (私の記憶に誤りがなければ、 両先生ともに8期生同窓会永久会長だったと思います。)同窓会開催が前もって準備されたものではなく、急な連絡であったため都合のつかない人が多く、人数が全く集まらないのではと心配されましたが、それでも10名の同窓会員が集まりました。 和気藹々と、学生時代の想い出話や近況報告などで大いに盛り上がりました。
 参加者は、静岡県で鈴木耳鼻咽喉科小児科を開業し外見より若々しく現在も年齢不詳の鈴木秀則先生、 地元広島県の島で越智医院内科を開業し島民の宝となっている越智崇史先生、山梨県の精神保健福祉センター長と中央児童相談所を兼務し山梨県精神科の顔となっている近藤直司先生、筑波大学麻酔科講師で圧倒的な業績で教授目前だった藤井善隆先生、東京の潤平会岡本平次クリニック内科に勤務し子育ても忙しい田口(旧姓砂長)貴子先生、東京の柿田医院で小児科を開業し悠々自適の柿田 豊先生、日本医科大学の解剖学で活躍中の清水匡訓先生、東海大学脳神経外科講師でアンギオ手術のプロフェッショナル小田真理先生、 東海大学救命救急医学講師で救命センター次長を兼務しドクターヘリで有名な中川儀英先生、東海大学精神科で救命センターのリエゾン精神科をさせて頂いている市村 篤の10名でした。何分酔っていたので、 私の記憶に誤りがありましたら、御容赦下さい.
 17年ぶりの同窓会でしたので、皆いつの間にか偉くなって、「おやじ」や「おばさん」になってしまっていたのですが、同窓会というのは不思議なもので、会えばとたんに学生時代に戻ることができました。 おしゃべりに花が咲いて、写真を撮らなかったことを誰も気付きませんでした。この場を借りてお詫び申しあげます。
今後は4年ごとのオリンピックの年に8期生同窓会開催予定とのことです。8期生の皆様、懐かしい顔が集い、楽しい時間を過ごせることを期待しております。奮って御参加下さい。


同期会(6期生)便り
 平川 均(6期生)

 星医会総会の開催に合わせ、その前日に同期会を開催してきました。残念ながら大盛況といえる参加人数ではありませんが、酒を酌み交わし、語り合い、学生時代にもどったような楽しい一晩を毎年過ごしています。2004年度は計10名の参加がありました。以下に各自の近況をレポートさせて頂きます。
高橋潔:心カテもこなしていた東名厚木病院を惜しまれつつ、2期生の吉川先生の経営する厚木循環器内科クリニックに引き抜かれる。彼の前に坐っただけで血圧が下がる“癒し系”の循環器専門医として厚木の老人の間で人気赤丸急上昇中である。
近藤均:実家の愛媛にもどり老若男女を相手に開業中、往診はもちろんのこと日夜身を粉にして働き、地域住民には欠かせない存在である。家庭内でも、時には家事もこなす満点パパである。とは言え、決して忙殺されることなく、遊び心の火をいつも灯し、エンターティナーぶりは未だ健在、今晩も松山のネオン街で目撃されたとか?!
平岡正人:地元長野の諏訪中央病院の産婦人科開設と同時に転勤し、7年の歳月が経過した。今では年間300を越す出産を手掛け、諏訪付近の子供が、いずれ殆ど平岡先生経由となるのは時間の問題か。お産には体力が必要で、水泳では、お魚もびっくり、年間8万`を泳破した。但し、ラマーズ法に役立つかどうかは定かでない。
田中博:湘南東部総合病院にリハビリ医として出向し2年目に入った。脳卒中の人々から愛されている。一方、大学でも月2回、漢方を取り入れた“痛み・しびれ”外来を担当、適切に訴えに応えここでも愛されている。なお、風貌は学生時代と全く変わらない。
弘瀬修:卒後、帝京大学眼科に入局し同大学付属病院、埼玉協同病院、猿島赤十字病院、八王子医療刑務所(注:医師として)に勤務したが、昨年7月より母親の後を継ぎ開業した。“これまでの診療経験を生かし、一人一人の患者様を大切にし、地域医療に少しでも貢献できればと思っている”とのことでした。(拍手!)
柳町徳春:大病を患ったが見事に復活の狼煙を上げた!放射線診断科で卒業生のトップとして診療の中心的役割を果たしている。血液型が変わってしまったが、持ち前の面倒見のよさは今も顕在、後輩のよき指導者としても活躍中。目下の悩みは、髪が薄いこと・・病気のせいか、自然経過か、現在MRIにて精査中。
加賀基知三:世界に知れ渡る東海大学の胸腔鏡下手術のテクニックを引っ提げて、池上総合病院の呼吸器外科部長として就任した。地域にその存在がまだ十分認識されておらず、宝の持ち腐れ状態だが、ブレイクするのは必至であろう。空いた時間、大好きなお酒の量がかさみ、肝機能や腹の脂肪に反映されるのが心配の種である。
萩野仁志:玉川学園に耳鼻科で開業し早10余年、患者が多くて忙し過ぎるのが今の嬉しい?悲鳴。とは言え、持ち前の勤勉さで最近本を出版(“医師と声楽家が解き明かす発声のメカニズム”)、テレビにも出ました。欲しいものは全て手に入れたが、良い植毛法があれば教えて下さい。HPも見てね。
高誠勉:長年メスを振るった山近病院を離れ、2年前に相武台で開業。磨き上げた技を駆使して捻じ込む大腸鏡を片手に、念願だった小児科を標榜し、日々善良な市民のため奮闘でき、彼は今幸せ一杯です。
堀江修:明治時代から続く伊勢原の老舗、堀江医院の4代目院長として奮戦する毎日、東海大学病院に対抗すべく?新病院を建設中のため、只今ビル診療に励む。本夏の開院に向け、入院患者がいない開放感をエネルギーに変換して、心身ともにリフレッシュしその日に備えている。
平川均:大学で小児外科を続けている。スタッフは自分の入局以来増えることなく現在2名、1年の半分はオンコールとなり伊勢原近辺でポケベルに怯える日々を送る。

みんな40歳を過ぎ、こんなに立派なオジサン達になりました。これを読んだ6期生の方々、懐かしがってる場合じゃありません、次回から一緒にオジサン(オバサン)しましょう!!


第12回ななごー会(2004年3月13日)
(75年から80年までの6年間の同級生118名)
金渕 一雄(2期生)

今回の出席者:
吉見秀一、池田正見、滝澤俊也、宮城秀晃、村上 優、弘瀬 哲、岡本正史、伊東秀夫、宮北英司、大谷泰雄、金渕一雄、三神美和、山田浩人、金子 雅、吉方りえ、河合憲司、田中洋二、堀内政喜、門阪利雄、樋口和博、日高士郎、
土曜日の診療を終えて集合しましたが、なんと一番先に待っていたのは、一番遠方の弘前から来た金子兄でした。その後続々と集まり、妹のりえちゃんが到着して金子兄妹の久しぶりの御対面となりました。 

久しぶりの再会に昔話や、各自の診療、医院経営の問題点やその解決法、子弟の進学や受験(特に母校を含めた医学部の入試)について盛り上がりました。
* 現在御子弟が母校の医学部に在学しているのは、一期生の菅野さん、二期生の門阪と宮北の3名ですが、今年は、三神美和の娘さんが見事に合格しましたが、彼は高額な授業料のために一所懸命に診療しているそうです。
* ななご会の皆さん、2005年も参加を待っていますよ! 全員集合です!

<欠席者の近況報告>
後藤安正:後藤皮膚科泌尿器科医院;北九州市門司区
残念ながら今年も出席できません。1月に竹井 太が来ました。宮古島でBeach boyになっているようです。皆様によろしく。
斉藤 浩:はこのもりクリニック:栃木市
皮膚科学会地方会のため出席できません。残念です。
北田 守:大倉山内科クリニック:横浜市
医師会の区民公開講座の打ち合わせのため欠席させていただきます。区、市の学術関係の仕事をしております。
一般区市民に対して医療、疾患を広く啓蒙することに取り組んでいるところです。
松浦俊一:桜木レディースクリニック:掛川市
今年で開業して10年目に入りました。皆さんと会いたいのですが、なかなか休みが取れません。
申しわけございません。みんなによろしく伝えてください。
奥井克治;大阪市
父といっしょに奥井内科クリニック(城東区)を1/2、友人といっしょにおくい診療所(大正区)
そして昼や夜間に東淀川病院で呼吸器専門外来を週3回担当しており、朝から夜までぎっしりです。
休みは全てゴルフです。ななご会でゴルフ会を計画してください。3/13は医師会の先生方と沖縄のチケットを買ってしまいました。もう少し早く日程がわかれば! すみません。
武田啓介;武田耳鼻咽喉科クリニック:足柄上郡大井町
残念ながら今回は参加できません、また翌日の総会にも出席できません。来年は参加できるようにします。
また昨年のように近くにきたときは連絡してください、おいしいところでもセットアップします。
山崎弘文;やまざきこどもクリニック(北海道苫小牧市)
「ななごー会」の案内ありがとうございました。今回は所用あり、欠席させていただきます。
また次回連絡ください。
白水 幹;いせはら腎泌尿器クリニック
手術のため出席できません。皆様によろしく伝えてください。
藤原敬且:ふじわら医院(山口県下松市)
中山一武:新座志木中央病院、産婦人科
松浦宏明:まつうら整形外科;品川区
鈴木良雄:鈴木整形外科内科医院;成田市

次回は2005年3月12日(土曜日)に、京王プラザホテルの「天乃川」で開催しますので、みなさん大勢参加してください。 翌日の星医会総会にも参加してください。懐かしい先生や同窓生にも再会できます。



←目次へ戻る
←会報のページへ戻る