星医会 東海大学医学部同窓会
 
 会報(第33号)
 〜平成17年9月1日発行〜


支部便り

第一回星医会大分支部総会報告
大分支部 支部長 森 哲(7期生)

 このたび、金渕会長ならびに星医会本部の御配慮により南九州支部が分割され、大分支部が誕生しました。関係各先生方に心より感謝申し上げます。また、今回の大分支部立ち上げの準備、連絡等を積極的にやっていただきました姫野浩毅先生(10期) 、姫野信治先生(13期)兄弟にもこの場を借りましてお礼申し上げます。
 その姫野両先生が立ち上げのため各先生方に連絡をしていたその日、平成17年1月20日に、9期生の財前智一先生が亡くなられました。偶然とは言え、とてもびっくりしました。また、17期の近藤伊都子先生も亡くなられていたことが分かりました。お二人に対し心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 さて、第一回大分支部総会は平成17年4月9日(土)19時から、大分全日空ホテルオアシスタワー2階「折鶴」に於いて、金渕会長をお迎えし全員参加で開催しました。全員参加と言いましても総勢6人であります。総会は1)金渕会長のご挨拶 より始まり、やや緊張した雰囲気に包まれました(写真1)。
 会長のご挨拶が終わり、続いて2)支部長挨拶、3)事務局長挨拶、4)自己紹介、5)物故者紹介、黙祷6)第7回星医会支部長連絡協議会の報告、7)本日の議題、8)写真撮影、9)懇親会へと進む予定でしたが(写真2)、1)の会長挨拶の後、いきなり9)懇親会に進んでしまい、お酒を飲みながら、和やかに会が進行いたしました。とは言え、予定の議題はすべてまじめに話し合いました。その結果、大分支部では会をより楽しく、充実したものにするために、以下のようなことをしていくことにしました。@ミニレクチャーを持ち回りで行う A特別講演を東海大学関連の先生にお願いする B夏休み期間に学生父兄と交流会を行う C特別会員・・・松本克彦先生(大分大学第2外科内田教授の指示により、東海大学第2外科学教室にて三富・幕内両先生のもとで研究生としてご活躍されました)、安部美代子看護師(元東海大学付属病院看護師)とする。
 というわけで全体の写真撮影は飲酒後になってしまいました(写真3)。左から事務局長をお願いした姫野浩毅先生(10期)、隣が私で支部長を仰せつかりました森 哲(7期生)、後ろが内田 研先生(18期)、金渕一雄会長、松元雅彦先生(8期)、後ろは会計をお願いした首藤 純先生(20期)、写真撮影をお願いしたので全体写真にしか登場しませんが姫野信治先生(13期)です。写真撮影の後は、全員で金渕会長と共に都町という大分の繁華街に繰り出し、夜が更けるのを忘れて飲み明かしたのは言うまでもありません。金渕会長のお陰で第一回星医会大分支部総会が盛会のうちに終了することが出来ました。
 最後になりましたが、お忙しい中、大分の地まで飛行機とホーバークラフトを乗り継いでお越しいただき、最後までお付合いくださった金渕一雄会長に心よりお礼申し上げます。大分は田舎で何もありませんが、ふぐ、関アジ、関サバ、城下かれいなど魚がおいしく、別府温泉、湯布院温泉などくつろげる場所はたくさんあります。みなさん是非遊びにいらして下さい。




▲ページのトップへ
←目次へ戻る
←会報のページへ戻る