星医会 東海大学医学部同窓会
 
 会報(第35号)
 〜平成18年9月1日発行〜


第26回星医会総会報告

 今年も3月12日(日)に京王プラザホテル『花の間』に於いて星医会総会が催されました。例年のごとく10時30分から全国支部長会議(詳細後記)が同ホテルにて行われ、12時より総会が始まりました。まず金渕会長から一年間の星医会の事業報告がありました。
 来賓挨拶は本部同窓会から中村 宏先生ご挨拶の後、堀田知光医学部長、幕内博康付属病院長のご挨拶があり、山林 一先生の乾杯の音頭で始まりました。例年のごとく恩師や同窓生同士の語らいの中楽しく時間は過ぎました。今年は新しい試みとしてクラブOB会等のテーブルも用意しました。
 昨年より年度末で退職される先生方をご招待しており、今年度は谷野隆三郎先生(外科学系形成外科学)、岡崎 勲先生(基盤診療学系公衆衛生社会医学)、垣生園子先生(基礎医学系生体防御学)の3名のご参加、ご挨拶を頂き、星医会から記念品の贈呈が行われました。
 また、堀田知光医学部長も定年ではありませんが退職されましたので、今後のことも踏まえ、再びご挨拶を頂きました。
 毎年星医会賞の表彰が総会で行われます。今年度は整形外科の岩品 徹先生(21期生)が選ばれ表彰式が行われました。昨年より設けられた星医会奨励賞ですが、今年は神経内科の小濱るり子先生(18期)が選ばれ同時に表彰されました。
 最後に、東海大学医学部設立とほぼ同時に開店し、諸事情により昨年2月末で閉店された医学書店『大雅堂』の天津ご夫妻もご招待し、ご挨拶を頂きました。
 来年も3月11日(日)に同じ京王プラザホテルで総会が催される予定です。
 会員の皆様、同期の方、同地域の同窓生をお誘いの上、是非ご参加下さい。




▲ページのトップへ
←目次へ戻る
←会報のページへ戻る