星医会 東海大学医学部同窓会
 
 会報(第37号)
 〜平成19年9月1日発行〜


第9回星医会支部長連絡協議会報告
星医会副会長 池田 正見

 2007年3月11日、星医会総会に先立ち支部長連絡協議会が開催されました。31支部中19支部の出席でした。また事前にアンケートを行っておりますが、回収率は31支部中12支部。次回はより多くの参加、アンケートの回収をお願いいたします。
 まず金渕会長より九州地区や東北地区で合同開催する支部も増えてきたこと、また各支部間の連携、10期以降の人や学生の参加を推進したいとの事でありました。学生に関しては入学時伊勢原校舎で全国支部長会を開催し啓蒙していきたい由の提案がありました。
 さて今回の協議会報告はテープより起こした生の声を届けようと思います。


北海道支部:支部長代理 金 隆一(5) 活動は年2回(旭川と札幌)。東海大学全体の会の後、開催しています。同人会には10期生くらいまでで、それ以降の参加は無し。札幌の参加者が少ない。昨年は高木先生と金渕会長においでいただきました。今年は2月24日に井上先生と金渕会長に来ていただきました。
秋田支部:木村 衛(4) 今年度も支部会は計画していたが弔事が重なり開催していない。総会が終えてから4月末くらいに開催を予定している。会員は一人増えているようだが出て来るのは5名くらい。小川先生は毎回参加。年に1回か2回は開催したい。在校生リストをいただきましたが4名。その親御さんも仲間内なので連絡を取り合いたいと思っています。
宮城支部:只木行啓(4) 昨年度は開催しておりません。秋田と同じように総会終了後に開催したいと思っています。
福島支部:大竹健一(3) 学内の先生にお越しいただけるように手配して今年はやろうと思っております。役員をもっと若く活性化させたいと思っています。学内の先生方にお見えいただければと楽しみにしています。
茨城支部:野上 厚(5) 会員は30人くらい。年2回を心掛けていますが、忘年会を兼ねて年1回の開催になっています。河村先生が学生時代の懇話会の担当教員だったので、毎回来ていただいています。昨年は個人的に熊本支部によばれて参加しました。お互いに集まれたらいいなと思います。
栃木支部:斉藤 浩(2) 一昨年から講演会を開催しております。他の支部も同じだと思いますが、高齢化で世代交代がなかなか進まない。峯崎先生はずっと事務局長をやっていたんですが、そろそろ医者を辞めて住職に専念すると言うことで事務局長を降りられました。その後がなかなか決まりませんで苦労しております。栃木は皮膚科医が多く会員の約半数。皮膚科じゃ参加しないと云うのもあり、今年もやる予定ですが来年以降どうなるか危惧しております。
千葉支部:椎名泰文(1) 活動がずれて、今年度支部会を3月24日に予定しています。会長と五月女理事に参加いただき、ジャズコンサートを聴きながら食事会を開催します。
神奈川支部:中村世郎(1): 支部総会は開けておりません。ブロック会は湘南ブロックを昨年蓑手先生を中心に発足しました。横浜・川崎ブロック会は大川先生。県央ブロック会は岡本先生が中心となって昨年は2回勉強会を行いました。
北東北支部:金子 雅(3)・山口 力(3) 去年は弘前大学の鬼島先生(元東海大病理)の講演会を八戸で行いました。今年は9月の第2週に盛岡でやることになっています。内諾ですが4期の佐藤純先生にお願いしています。毎年弘前、八戸、盛岡の何れかで開催することになっています。3年前は宮城支部と合同で開催しました。今年もできたらなと思います。若い先生の集まりが悪いので頑張って集めようと思います。
山梨支部:橘田 豊(7) 支部総会は河村先生を招いて第1回を開催しました。かなり集まって盛大でした。活発な議論がされました。
新潟支部:笠原 紳(4) 何もやってなかったのですが、つい先週の土曜日に支部会を初めてやりました。案内が遅かった割には返事があり、31名に連絡し20名から返事をいただき、7名が出席でした。金渕会長に来ていただいて、内容のある会になりました。大変よかったと思います。連絡してほしくないと云う会員もいて、今後支部からの連絡がいるか確認したところ、一人だけ要らないとのことでした。結婚式で来れないと云う人が一人いて親御さんから連絡がありました。新潟はいい県民性だなと思いました。また個人情報を聞き出そうという電話があった事など会員から連絡がありました。
岐阜支部:河合憲司(2)・竹中元康(4) 今年はできませんでした。愛知支部とイベントを行うことにしています。私が教授就任の時講演会をしました。今年も桜を見る会でもやろうかと。近くの支部とやるのもいいかなと。支部会によんでください。
静岡支部:池田正見(2)・三神美和(2) 昨年の総会は8回目を迎えました。他支部の規範となるべく頑張ってやっています。今年は桑平先生をよんで30名の出席がありました。本部からと清水校舎からの参加もあり40名。そろそろ若い世代に代えて若返りを図っていかなければならない。今年の支部総会には整形外科の今井望先生をおよびして講演していただきます。静岡支部は支部会則を作成しており本部にありますので参考にしてください。清水の三保の剣道、柔道大会に医師を派遣したり、講師をしたり、管理医をやったり活動しています。一昨年から学生にも声をかけ数名の参加があります。
愛知支部:高浜信也(2) 去年は何も。集まりたくてやるもので。一人「やらないんですか?」とあったので、「それじゃ、やろうか」と。来週の日曜日にとりあえず幹部だけ集まってやっていこうかと。世代交代をしていこうかと思っています。
大阪支部:奥井克治(2) この会に参加するようになって3年目になるが何も進んでいません。昨年事務局長が女性であることを聞き、会長が中に入ってくれるということでしたが1年経ちました。他の支部はみんな仲良くされているようですが、大阪は連絡しても知らん顔。特に年代が開きすぎということも問題のひとつ。毎年ここにくると「今年はやるぞ」と思うのですが、なかなか行動がとれない。各支部会にもよんでいただいていますが、他支部の会に参加して大阪支部の参考にしたいと思います。金渕会長の力を借りて。
北九州支部:有松 直(1): コンスタントに年1回は集まろうとやっています。活動としては金渕会長に来ていただき、今年は2月に支部会を開きました。人数が少ないというのが悩みで、28名中7、8名。多いときで10名。会費を集めていなかったので、定期的に集め支部会というのがあるんだよと意識を持ってもらうようにしたい。福岡28名、長崎が7,8名。遠いためブロックとするか、長崎支部とするか。若返りを図りたい。ここ1,2年かけて後任を決めたい。
熊本支部:日高康博(4)・前田篤志(8) 第1回目の支部会ということで7月27日に顔合わせということで開催しました。37名中17名が参加。比較的若い先生の参加もありました。宮崎支部と合同の会を一泊二日で開催しました。せっかくの会なので他支部にも声をかけて27名の参加があり、金渕先生に講演していただきました。また1月29日に神経内科の篠原先生を囲む会を開催しました。10月には宮崎との合同支部会を今度は宮崎で開催します。
大分支部:森 哲(7)・姫野浩毅(10) 7月14日大分岡病院で行われた救急セミナーの講師として精神科の市村篤先生に来ていただき講演いただきました。宮崎・熊本合同支部会に参加して支部間の連携が必要だなという事でこの会に声をかけさせていただき宮崎から萩原先生にご参加いただきました。
宮崎支部:萩原 忍(4)・千代反田 滋(6) 7人いるのですが、いつも集まるのは2人。大分、鹿児島の先生に声をかけ、メーリングリストから迅速な連絡網ができました。今年はシェラトングランデで開催します。是非おいでください。知事も喜びます。

 以上連絡協議会の生の声でした。アンケートには四国や群馬支部からも回答をいただきました。今回欠席ですが長野支部も毎年支部会を開催しております。
今回の協議会で若い先生方の集まりが悪い。そろそろ世代交代を。合同支部会での開催など意見が多かったようです。来年の支部長連絡協議会には各支部皆様の出席を期待いたします。また各支部がどんな形でも支部会を開催し支部活動を盛んにしていただきたいと思います。




▲ページのトップへ
←目次へ戻る
←会報のページへ戻る