星医会 東海大学医学部同窓会
 
 会報(第41号)
 〜平成21年9月1日発行〜


第11回全国支部長連絡協議会報告
星医会副会長 池田 正見(2期生)

 2009年3月8日、第29回星医会総会に先立ち第11回星医会支部長連絡協議会を開催いたしました。今回の協議会には全国32支部のうち22支部の支部長、事務局長の出席をいただきました。遠方の支部の方には大変でしょうが引き続き年1回の協議会に参加していただきたく存じます。さて、第11回の報告をさせていただきます。


・金渕会長挨拶:
「今年選挙があり、あと3年間会長を努めさせていただくことになりました。皆様にはいつもご協力いただいておりますが、今後また3年間よろしくお願いいたします。特に来年3月7日には星医会創立30周年の会を盛大にやりたいと思いますので、支部長、事務局長だけでなく各支部の会員の方々にもその会に参加していただけるようご協力お願いいたします」

今回出席いただいた各支部よりの報告
・北海道支部(吉田貴彦先生):
 北海道は、毎年2月に東海大全体の同窓会に併せて行っている。その他、北ブロックで5回開催、これは学会等で恩師や同窓生が北海道に来られることが分かった時に会を開催している。今年度は恩師では木村先生、津田先生、同窓生では坂部先生、川名先生、市村先生がこられたときに開催。参加者がなかなか得られないのが問題で案内の時、封書で前回の総会の時の写真を同封している。
・北東北支部(山口 力先生):
 毎年9月の第2土曜日北東北支部会を開催。今回は持ち回りで弘前にて開催。金渕会長、元病理学(現弘前大学教授)の鬼島先生、元生理学(現弘前学院大学学長)の吉岡先生、吉方りえ(金子) 先生が出席し和やかな懇親会的な会を開催。
・秋田支部(木村 衛先生)
 2月21日に支部会を開催。天候不順な中、金渕会長が参加。参加者は5,6名。最近、東海大学校友会との交流もでてきた。今後市民講座や地元医師会の先生方も来ていただける会を画策。
・宮城支部(萱場 潤先生)
 例年年2回支部会を開催。今年度は2月に金渕会長出席し開催。若い先生方の出席が少なく連絡も 困難な事が今後の課題。
・福島支部(鳴瀬 淑先生)
 世代交代し大竹事務局長から鳴瀬先生に交代。会津では何度か開催してたが、福島全体の会がまだ行われていない。今後是非開催したい。
・群馬支部(三村やよい先生)
 ここ数年あまり活発な活動を行っていない。森田支部長より今後活動したいとの伝言。何年かぶりで知らない人ばかりと思って出席したが、懐かしい顔ぶれもあり安心。
・千葉支部(椎名泰文先生)
10月末に市内居酒屋で開催。15,6人の参加。1期から24期まで幅広く参加し年々増えてきており今後に期待。
・神奈川支部(後藤研一郎先生)
 神奈川支部は会員が多く、県央ブロック、横浜・川崎ブロック、湘南ブロックで活動。湘南ブロックは7月に22名の参加。神奈川支部は開業医中心で100名位の会員がおり、今後開業医中心のこのままのスタイルで良いのか検討中。
・山梨支部(橘田 豊先生)
 2007,8年と2回開催。金渕会長、河村先生に出席いただき15,6名の参加。山梨には甲府高校があり校友会に3名が参加。松前総長より医学部頑張れと檄を飛ばしていただいた。会則は静岡支部に協力していただき体制を構築中。
・長野支部(原 卓史先生)
 去年まで6回、支部総会、講演会、懇親会の形で9月に開催している。今年度は白井先生の講演、池田副会長の出席で20名位が参加し活発にやっている。
・岐阜支部(河合憲司先生)
 愛知支部と合同で10月に開催。山梨支部長の中田 薫先生、長野支部長の原 卓史先生も参加し、中島 功先生の「鳥の生態」を拝聴。元呼吸器内科の沢田英夫先生が岐阜で開業されてしており必ず出席していただいている。
・静岡支部(三神美和先生)
 10回目の支部会を6月の第4土曜日に開催。約30名の出席。脳神経外科教授松前先生による「変わる脳卒中の臨床」の講演、金渕会長、東海大学より静岡事務室長の出席をいただき、支部総会、講演会、懇親会の形式で開催。次回は世代交代を図るべく、支部長、事務局長の選挙を予定。支部活動では星医会の奨学金に寄付を行っている。
・愛知支部(高浜信也先生)
 6月に愛知支部会を開催し腎代謝内科准教授谷亀光則先生の腎臓のお話を拝聴。前学部長の堀田知 光先生も参加。10月には岐阜支部との合同の会を開催した。
・大阪支部(奥井克治先生)
 連絡協議会に出席し5年になります。支部会は2年前より最初は4人の食事会より初め、すき焼きで盛り上がり半年に1回くらい食事でもとてっちりの会で7,8人、3回目はすき焼きで半年後に10人ほど集まりました。4回目にてっちりで会費を取ったら人数が減りました。毎回金渕会長が参加。明石先生が事務局長となり今後も頑張ります。
・兵庫・岡山支部(松田眞一先生)
 毎回連絡協議会には出席しておりますが医師会業務等で支部会もかまけてしまいました。名簿上若い先生方も増え、世代交代も考慮し夏あたりには開催したいと思います。
・広島支部(福原一作先生)
 東海大学同窓会広島支部長で、東海大学予科から長崎大学医学部を卒業した深澤嘉一先生を金渕 会長より紹介され会を持ちました。出席は8名くらいでした。広島支部には20名ほど会員がおり今後、参加者を増やしていきたい。
・四国支部(松山毅彦先生)
 1月に内輪の会で4人。四国支部は広くて会員が20数名。どうやって集めるか、セールスポイントとして講師の先生を集めなくては、ネームバリューのある先生は、関東地区の先生をお願いするときの旅費は? 等々で頓挫しておりますが次回は本気の会を開きたい。
・北九州支部(諌山士郎先生・後藤安正先生)
 平岡・諌山体制でスタートしましたが平岡先生体調不良にて諌山支部長、後藤事務局長でやって行くこととなりました。今後北九州支部ではなく、福岡・佐賀支部に名称変更をお願いします。9,10月頃に九州全体の会をやる予定です。電話連絡時に父兄より星医会とは何ですか? 公文書をよこせと政治団体と間違われました。大変淋しい思いをしました。そこのところも工夫し、やっていこうと思います。
・長崎支部(松村暢之先生)
 長崎支部として独立し、2008年4月にハウステンボスで河村先生をお招きし第1回を開催しました。会員はまだ5人ですががんばって行きます。
・熊本支部(前田篤志先生)
 10月17日に坂部先生が学会で来られるため10名ほど参加。翌日、由布院で九州合同支部会に4名参加。その翌日には東海大学全体の会に数名参加しました。
・宮崎支部(千代反田 滋先生)
 宮崎は会員は6,7人で、仕事上東京にいながら事務局長をしております。宮崎は東国原知事が「どげんかせんといかん」とひとりがんばっていますがほんとうにどげんかして魅力ある会にしたいと思っています。
・大分支部(森 哲先生)
 大分支部が幹事で九州合同支部会を由布院で行い、会長をはじめ34名の参加がありました。また、ゲストは元脳神経外科の佐藤 修名誉教授、眼科の河合憲司教授にお話をいただきました。
・鹿児島支部(徳永雅仁先生)
 支部の先生方にアプローチしましたが、医師不足や諸般の事情で細々と連絡を取るしか無く、その中で連絡が取れるのも卒業期が1桁の先生方ばかりです。3年後には九州合同支部会の当番幹事となっていますので、何とかそれまでに形を作りたいと思います。


 以上、各支部の報告でした。今回の連絡協議会で北九州支部より福岡・佐賀支部への名称変更の依頼がありましたが了承されたことをご報告いたします。
 また今回の連絡協議会には茨城、栃木、埼玉、新潟、北陸、京滋、紀伊、沖縄支部の出席をいただけませんでした。
 次回は星医会創立30周年の記念式典です。平成22年3月7日、30周年記念式典の前に支部長連絡協議会も開催いたします。会長の挨拶にもありましたが、支部長、事務局長はもとより各支部の会員の先生方にも奮って参加いただけるようお願いいたします。




▲ページのトップへ
←会報のページへ戻る