星医会 東海大学医学部同窓会
 
 会報(第44号)
 〜平成23年3月1日発行〜


同期会便り

一 期 会


椎名 泰文(1期生)

 一期会は東海大学医学部第一期入学生の集まりです。最近では4〜5年ごとに星医会総会の前日に都内で開催しています。
 昭和49年4月、入学当時は医学部の校舎はなく湘南校舎の教室を借りて授業が始まりました。現在、伊勢原の医学部ならびに付属病院のある場所は東海大学野球部の練習グランドでした。入学後2年、伊勢原校舎と付属病院が完成し医学部の授業は伊勢原で行なわれるようになり、その後、救急救命センターと健康科学部(看護学科、社会福祉学科)が併設され、2005年には新病院が建ち伊勢原もだいぶ様変わりしました。
 東海大学医学部の第一期生が入学してから今年で35年。そして星医会創立30周年を記念し平成22年3月6日に一期会を開催しました。
 残念ながら参加できなかった先生もいましたが近況を知らせていただいたので紹介させていただきます。
 平成22年3月6日開催 ロイヤルパークホテル(東京 日本橋)
 東海大学医学部入学後35周年記念『一期会』出欠席者一覧ならびに近況報告
(返信ハガキ到着順、敬称略)
〜出席者〜〜〜
桑平一郎、中島 功、古橋進一、中村 豊、宮坂宗男:長村先生の退任の会がありますので遅れます。岡本裕一・くみ子、金子ゆき子、高濱信也:今年より医療法人になりスタッフの年金とか労働条件とか色々と面倒です。しかし継承時に楽とのことです。木村 衛:長男も5年生になれそうです。菅野聖逸・菅野与志子、田中 啓、原 卓史、大川尚美、長谷川 啓、三浦敏洋、杉浦弘和:当日皆様にお会いできるのを楽しみにしてます。濱田朋久:お世話になります。楽しみにしております。月日の経つのは早いものですね。松田眞一、中田 薫、草山 毅・草山ほづえ、有松 直、真智直子、岩崎弘幸、小沢 尚、松本雅彦、吉見秀一、吉利味江子、橋本明城、町村貴郎、平野正満、桑原正隆:二次会は夫婦で参加します。中江 順、津山嘉一郎、後藤英隆・倫子、椎名泰文
〜欠席者〜〜〜
岩泉 潤:申し訳ありませんが不参加です。分娩をやめて8年近くになります。平成20年7月に父が他界し院長職に就きました。清水正樹:渕野辺総合病院内科に所属しております。早川浩太郎:元気に働いています。医師会と日本臨床皮膚科医会の仕事で土曜日がうまっています。平日もなかなか自由になりません。竹入君、松本君とはよくゴルフで一緒です。川久保さん、津山さん、志村君、大川さんとも時々会ってます。また誘ってください。飯田政弘:当日地方で講演会があり残念ですが欠席します。皆様によろしく。松田文雄:相変わらず忙しくしています。現役職が39になりました。今回は残念ですが次回は参加したいと思います。皆様によろしくお伝え下さい。井上 渉:長男が順天堂大学を卒業しそろそろ旅行等趣味に余暇を過ごそうと考えています。また機会がありましたら是非参加したいと思ってます。木下栄治:メタボでも・・・飲んでます。長田恵弘:出席できず誠に申し訳ありません。現在、東海大学八王子病院に勤務しています。老体にムチ打ち老眼で霞む目で頑張っています。大竹健一:元気でやってます。2月、3月は冬期間の交通難のため出席できません。高島健二:日曜診療を平成18年より実施しています。残念ですが欠席とさせていただきます。皆様によろしくお伝え下さい。今年一番下の娘も成人し自宅はさみしいかぎりですが、三番目の子供は一昨年より小田急新百合ヶ丘の昭和音大におり、昨年久々に伊勢原の病院を見に行きました。祝日でしたが私達の
通学している時より活気が乏しい様に感じました。二番目の息子は東海に入れず福大の医学部に入り、私は東海大同窓会の県副支部長を卒業しました。長女は宝塚ですが同窓会の大川先生、鈴木さんにお世話になりました。 内村道隆:産婦人科医にて休めずここ10年以上県外にでたことがない状況です。高宮登美:今年は還暦ですが、まだまだ頑張ります。志村容生:3月5〜8日まで香港旅行のため今回は残念ですが欠席いたします。中瀬古二郎。無量井 泰:元気にやっております。開業して10年経ちました。参加できず残念です。小川 裕。山村恵子:浪人中の長女〜小6の長男まで4人の子供の子育てと過疎地での弱小開業医として仕事におわれてます。私事の都合にて残念ですが欠席させていただきます。中村世郎:今のところ元気でやってます。仕事はほどほどで、週1回のゴルフと週2回のトレーニングはかかさずやってます。福田崇典:それとなく元気にやっています。もうしばらく静岡での勤務が続きそうです。水上 啓:静岡で元気にやっております。今回は残念ですが欠席とさせていただきます。すいません。須賀孝夫:現在望星平塚クリニックに勤務。三村やよい:元気にしております。残念ながら今回は欠席させていただきます。石原仁一:土曜日は18時30分まで外来診療があり残念ながら不参加です。次回は参加できるように都合つけたいと思います。秋庭保夫:のんびりと仕事してます。やっと子供も大学に入りました。あと6年は大変です。稲村俊一。河野正明:神奈川県大和市で精神科クリニックを開業して19年になります。認知症や発育障害など疾患も拡がって対応に四苦八苦しています。皆様によろしくお伝え下さい。木下純子:今回は欠席します。森田英樹:代診が見つからず行けません。週に3日は飲み会があり飲んでます。森田泰鎮:当日キャンセルで申し訳ありません。朝から体調不良につき今日の一期会欠席します。
 入学後35年、現在一期会の会員は84名です。


▲ページのトップへ




第18回ななご会
2010年3月7日(1975年頃入学して伊勢原で学んだ仲間達) 新宿「聘珍樓」

 星医会創立30周年記念式典の前日に同級会を行いました。今回は3期生(三星会)と4期生も合同で新宿に集合いたしました。老眼鏡のお世話になる世代となった「ななご会」も卒後29年間で18回目の会合となりました。今回初めて、藤原敬且君(ふじわら医院:山口県周南市)が参加しました。当日、山崎弘文君から呼び出された吉田 肇君も飛び入りで参加しました。
<出席者:24名>
池田正見:池田医院(静岡県賀茂郡宇久須), 内山光昭:寒川病院(寒川町), 大谷泰雄:東海大学大磯病院(消化器外科), 岡本正史:京浜中央クリニック(品川区), 奥井克治:奥井内科クリニック、おくい診療所, 門阪利雄:西永福内科クリニック(杉並区), 金渕一雄:東海大学八王子病院(心臓血管外科)
金山一郎:ひまわり呼吸器科(静岡県御殿場), 金子 雅:金子整形外科(青森県弘前市), 河合憲司:東海大学眼科学教授, 久保田(平林)千鳥:ちどりこどもクリニック(厚木市), 小坂大策:小坂内科医院(広島県安芸郡), 後藤安正:後藤皮膚科泌尿器科医院(福岡県北九州市), 竹井 太:うむやすみゃあんすん診療所(宮古島市), 武田啓介:武田耳鼻咽喉科クリニック(足柄上郡大井町), 田中洋二:高尾耳鼻咽喉科医院(八王子市), 中森(村越)三千代:中森皮膚科クリニック(横浜市), 林 芳弘:山近記念総合病院内科(小田原市), 弘瀬 哲:弘瀬医院(板橋区), 藤原敬且:ふじわら医院(山口県周南市), 宮北英司:東海大学泌尿器科教授, 宮永 守:宮永耳鼻咽喉科医院(世田谷区), 宮城秀晃:宮城クリニック(石巻市), 吉方(金子)りえ:順天堂大学練馬病院総合診療性差科, 山崎弘文:やまざきこどもクリニック(苫小牧市), 吉田 肇:よしだ内科クリニック(江東区)
<ななご会欠席者の近況報告>
淡路英雄:ルミエールクリニック(八王子市), 小口光昭:小口整形外科(名古屋市), 小川 裕:小川耳鼻咽喉科(調布市), 斉藤 浩:はこのもりクリニック(栃木市)無事です, 坂部 貢:東海大学生体構造機能学教授・長村先生退任の会のため欠席します, 長谷川 啓:藤井脳神経外科病院(金沢市), 高橋 正:高橋クリニック(柏崎市), 高浜信也:高浜内科(愛知県西尾市), 滝澤俊也:東海大学神経内科教授・当日は神経学会地方会、引き続いて研究会があり出席が難しそうです。申し訳ありません。7日の記念式典には出席します。辻 誠:つじ内科クリニック(横浜市青葉区)開業7年目です。そろそろ余生(?)を楽しもうと思っていましたが、息子が杏林大学医学部に入学、もうひと働きします。林 秀樹:林こどもクリニック(神奈川県平塚市), 堀内政喜:堀内クリニック(昭島市), 松浦俊一:桜木レディースクリニック(静岡県掛川市)・今年も都合により出席できません。また来年こそ!! 三神美和:美和クリニック(静岡市)今年は所属している合唱団の創立50周年記念演奏会があるため大変残念ですが欠席します。来年は必ず出ます。
吉見秀一:吉見整形外科(富士市)残念ですが今回は欠席させて頂きます。次回を楽しみにしております。
<3期生出席:16名>
青木 純:東海大学東京病院消化器内科, 池田和也:光ヶ丘小児科医院(三島市), 石丸裕司:石丸こどもクリニック(平塚市), 小野容明:横浜呼吸器クリニック(横浜市), 窪田聰彦:窪田医院(相模原市),
古閑俊浩:古閑医院(秦野市), 後藤研一郎:茅ヶ崎信愛クリニック(茅ヶ崎市), 櫻井与志彦:さくら内科クリニック(横浜市), 下田(満田)るみ:遠藤医院(平塚市), 須知雅史:須知医院(愛知県常滑市),津久井 優:山近記念総合病院(小田原市), 寺師良祐:玄和堂診療所(中央区), 中島 登:中島クリニック(熊谷市), 萩原 忍:萩原眼科門川分院(宮崎県東臼杵郡), 日高康博:池田病院(熊本市), 
山本(田中)くるみ:やよい台クリニック(横浜市)
<4期生出席:4名>
仲村 準:ブリジストン横浜診療所(横浜市), 松田弘之:司生堂クリニック(豊島区巣鴨), 武藤信美:鶴間胃腸科医院(大和市), 吉田貴彦:旭川医科大学健康科学講座教授

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 第19回ななご会開催のお知らせ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年はななご会単独開催ですが、この会報を見たら、飛び入りでの参加も歓迎します。 
     日 時:2011年3月12日(土曜日)19時から
     場 所:新宿 京王プラザホテル 南館42F「津久井」
当日参加も歓迎. 連絡は京王プラザホテルへ(TEL:03-3344-0111)          
翌日の星医会総会にも多数参加してください。懐かしい先生や同窓生にも再会できます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


▲ページのトップへ




三星会便り
櫻井 与志彦

 平成22年3月6日、星医会発足30周年の前夜、新宿三井ビル聘珍樓で、2次会も京王プラザホテルのラウンジで二期ななご会と合同で開催。
 今回は病理学教室の長村先生の退官記念パーティーと重なってしまい、同教室の医局員であった三期の女将さん役の里さんが急遽降板。盛り上がり担当者、長老の二入の欠席、寒さも手伝い皆早々にできあがってしまう。
 久しぶりの参加の人もあって互いに名前を聞けずに困っているパターンも結構あり。一期生は噂では卒後30周年をむかえる為に同期会の特別企画の準備をしているとかで、我々も何か企画が出来ないか、誰が幹事になるのかと聞いて回るがこれはという話が出てこない。やはり皆忙しい上に互いに連絡がとりにくくなって来ているという事情がありそうだ。 前回、福島から佐々木満君。卒後初めてだったそうだが。同期会がこんなに盛り上がっているとは思わなかったとのこと。地方では支部会をやっているが、同期会も地方へ押しかけて行くというのも楽しいかもしれない。
 三期生の卒後30周年の準備では何をしたら良いのか。三期生にアンケートを送りアイデアを頂く、記念誌を発行する、三期単独で開催する、幹事は2年連続で担当しないと連絡、準備が難しくなるのではないか等が現幹事の考えてみたことなのだが。 
 皆様に是非是非盛り上がっていただきたく、今年の同期会にご出席の上アイデアをお寄せください。

出席者(あいうえお順、敬称略):青木 純、池田和也、石丸裕司、小野容明、窪田聰彦、古閑俊浩、後藤研一郎、後藤安正、櫻井与志彦、  下島(満田)るみ、須知雅史、津久井 優、寺師良祐、中島 登、萩原 忍、日高康博、宮城秀晃、山本(田中)くるみ

欠席者からのメッセージ (敬称略)
秋元かつみ:私が最近出席させていただいたように毎年少しずつ参加される同窓生が増えているようですね。私も前回、前々回と出席させいただきとても懐かしく同窓生と話をすることができ、若かった当時を思い出すことができました。今回は三星会は都合がつかず、三〇周年記念式典に参加することになりました。皆さんによろしくお伝えください。小笠原俊夫:3月7日に私用があり、今回の三星会も30周年記念も欠席とさせていただきます。昨年、久々に同期生に会って「年とったなー」と感じる人と「全く変わっていないなー」という人がいてびっくり。見た目はどうでも、元気でいればそれが一番です。私は元気でやっています。 唐沢博之:三星会の皆様にはすっかりご無沙汰しておりますが、諸事情のため今回も出席できません。こちら
は元気にやっております。皆様に宜しくお伝えください。また会える日を楽しみにしております。
坂部 貢:大変無沙汰しています。昨年7月に東海に戻りました(註:基礎医学系生体構造機能学・教授)。今後ともよろしくお願いします。3月の同期会は病理の長村先生の退任記念式典と完璧に日時が重なっているため、欠席とさせていただきます。椎名 豊:3月6日の同窓会は循環器学会総会と重なるため欠席させて頂きます。出席の皆さんには宜しくお伝えください。白井孝之:3月6日の三星会への出席を楽しみにしておりましたが、当日、長村教授のご退任祝賀会と重なりましたため、今回は欠席させて頂くことに致しました。出席の方々へ何卒宜しくお伝え下さい。福島正人:欠席いたします。熊本からだとやっぱり遠いですねえ。
松前光紀:学会出席のため大変残念ながら欠席とさせて頂きます。皆様によろしくお伝え下さい。
峯崎賢亮:所用により欠席させていただきます。拙僧は住職を継承して二年、今年の十月に晋山式(住職就任祝)を檀家にしていただく予定になっており、その準備に追われています。皆様によろしくお伝え下さい。(一部略)蓑手善哉:いつもなら、何を差し置いても三星会に出席しますが、6日は神奈川県臨床整形外科医会主催の会合と、その後、今年7月に横浜で開催する日本臨床整形外科学会集会準備の幹事会に出席しなければなりません。最近、自分の仕事以外の事で忙しくなっています。来年は三星会に出席したいです。



▲ページのトップへ




6期生会
東海大学八王子病院小児外科 平川 均

 今年も例年通り明けました。2011年度もどうぞよろしくお願い致します。我々は、年2回ペースの同窓会を相変わらず行っております。昨年3月の星医会前(星医会創立30周年の前夜祭だったせいかやや多目の18名参加。)と昨年暮れ(いつものあの場所伊勢原こみやで14名参加。)に参加してくれた人たちの、そして不参加でしたが、近況のわかる人たちについて報告申し上げます(あいうえお順)。
<参加組> 伊藤:病院では副院長職でしかも当直が月4回、家に帰れば小学低学年の子育てが・・・公私共に忙し過ぎて、自分の時間を持てないのが目下の悩み。白髪もめっきり増えた中年男の苦悩は続く。
小俣:都内のブランド病院で活躍中。学年きってのインテリは、才能をいかんなく発揮し、データベース構築に関わっているとのこと・・・是非そのノウハウを分けてください。鍵谷:昨年北海道に引っ越した。最近マラソンの素晴らしさに嵌ってさらに健康に磨きがかかる。冬でも坊主頭、半袖、サンダル姿は健在そして着衣はやはり緑色。目指せ100歳! 近藤:相変わらず地方において置くには惜しいキャラ。地元愛媛で老若男女、内科も外科も地域医療に貢献・・・人とは?生き甲斐とは?・・・こんな漠然とした質問にもユーモアたっぷりに教えてくれる・・・松山の夜は今日も更けて行く。萱場:地元仙台で小児科を開業。お母さんやこどもたちから慕われるその貫禄や風格は、学生時代より1.5倍に膨らんだ体格のせいだけでは決してない。あと足らないのはお嫁さんだけ。高(高橋):開業もすっかり板につき、日曜日も返上して地域医療に密着している。帰宅が遅くとも主人を待ち侘びる愛犬を近くの湘南海岸へ散歩に行き、趣味のロックバンドではボーカルを務め、学会に招待される程・・・日々是充実。黄(長峰):町田近くにある長峰医院は、発毛剤であるプロペシアを処方しているのでAGA(男性型脱毛症)による薄毛・脱毛に悩んでいる男性は来て下さい。台湾への豪遊ツアーを計画してもらいたい。高橋:ゴルフは飽きた。メタボ対策のため本業のテニスに打ち込んでいる。打ち方が悪いために起こる(柳町談)坐骨神経痛が起きないように、ますます練習に打ち込みたい。田中 佳:バリバリ昼夜を問わず働く脳外科医としての生活はもう十分にやってきた。今はもう少し余裕を持って楽しくやっていきたい。来年は趣味のチェロを披露してくれるかもしれない。谷垣:4年くらい前から健康保健管理センターの室長もやっている。専門の呼吸器内科への復活は果たしてあるのか!? 千代反田:故郷の宮崎を離れ、実は2年ほど前から東京都内にある老人保健施設の雇われ院長をしている。近くに来たら遊びに来てください。
寺尾:久しぶりの参加で生存が確認された。新宿で3年前に開業。ちょび髭も顕在で風貌は学生時代と変わりなし。ある意味若いということか?ホームページ見てね。:相変わらずチャラいなと言われても仕方がない独身貴族生活で、向井に身を固めろと怒られる始末。しかし父の跡を継がねばと近況報告は妙に真面目で、彼の信念は意外と強い。4月からは待望の八王子病院転勤予定です。中田(白瀧):紅一点の参加、幹事(著者)にいつもご苦労様と優しいひと言をくれしかも可愛い・・・嘘だと思ったら皆も同窓会参加して下さい。大久保で眼科開業して12年、患者の10−20%は韓国人だそうだ。2児の母。西崎:東京病院で副院長に就任して7年。処世術にすっかり長けてしまい、院長職も呼吸をしているだけで転がり込みそう。専門のアンチエイジングは対外的に有名になったから、自分の身体でも鍛えようとマスターズ陸上を始めた。萩野:玉川学園で耳鼻科業も定着。診療が終われば、患者を集めて店を貸し切ったライブで得意のジャズピアノで今宵も酔わせる。・・・プロ級のテクニックで落ちる女も多いと思いきやそうでもなく?今年は婚活に本腰を入れる。 平川:勤続20年での表彰と准教授昇格と区切りとなる年を2年目に入った八王子病院で迎えた。長女は大学受験、次女は中学入学を控え、初老に向かう50台の10年間をどう生きるべきか考え中。
藤原:ななご一会と掛け持ちで今回初参加。趣味は、熱帯魚・ハーブ・プロレス。卒後山口大で小児外科を専攻し、開業後は、生活習慣病と小児医療を柱とし、新生児から年寄りまで診る「It's a Small World」の様な病院です。堀江:今年でとうとう莫大な学費を払い終え、由緒ある堀江医院の跡取りも誕生しそうである。60歳を超え、少し自分自身のことも考えなければと、ここに来てやっと思えるようになってきた。
松林:同窓会への参加の返事も真っ先にくれて、けっこう同級生たちに会えることを楽しみにしている様子・・・それとも長野にない都会のネオンの方に惹かれているのか?2次会のカラオケにはみんなを先導し、最もノリノリだった。向井:一時期の尖がりも取れ、すっかり学生時代の雰囲気がもどった。会もお陰さまで一段と盛り上がる。昨年boyが生まれメロメロ状態、この子が健康に育ってくれさいすれば他に何もいらないとの台詞も・・・彼も普通の人間だった。森屋:フリーター医師として稼ぎ、週休3日で、大学の給料(外勤週1)を軽く越す。愛犬の黒いパグ7−8匹を夫婦で散歩している姿をよく見かける。庭付き我が家・夫婦円満・子供無病息災そしてペット・・・幸せの4原則を兼ね揃える。柳町:大病を患って10年が経過、放射線診断科医として日々レントゲンを読み続け、医師・学生など多くの人と関わりを持てる日々が楽しいとのこと。目下同級生が集結中の八王子病院に是非とも欲しい存在である。山本:船橋市認知症サポート医会の会長そして医師会の理事にもなり、いろいろと忙しくしている。インフルエンザの予防注射をガンガンやっているが、自身は注射が嫌いなので接種していない。渡辺:故郷熱海に、耳鼻科医としてはもちろん、温泉の健康法紹介・ラジオ出演・熱海市議会に立候補辞退・シンガポールからテレビ取材・健康DVDの販売などその才能を生かし、様々な角度から地域活性化に文字通り貢献している。
<不参加組> 岩佐:私の妹とは年賀のやりとりあるが、私とはない。元気そう。小野:静岡で内科開業17年。医師会副会長も務める。長男に初孫が誕生しじじとなった。次男も医大生で、親をおくって子供は離れ、夫婦二人で生活。江口:横浜で開業。たぶん元気。王:小児センター長で、八王子病院陰のドン。母たちから絶大なる信頼あり。加賀:北海道大学腫瘍外科学分野准教授。北海道に胸腔鏡手術旋風を起こす。
亀津・中島:旦那は東海大大磯神経内科。奥様はえりクリニック院長。小島原:福島で開業7年目。順風満帆。小徳:息子が今年医師になりほっと一息。斉藤・松井:夫婦仲良く、埼玉で開業。田島:1kg減らすのに6ヶ月を要したが12時間で1kg増えた。常見:小樽の透析クリニックに勤める傍ら、実家でも勤務。
鳴海:日本唯一の神社附属病院院長。最もご利益が高いかどうかは不明。鳩野:熊本で眼科開業。前から見ると未だジミー。後ろに回るとザビエル風。東(馬場):鹿児島で内科小児科開業。人生に少々疲れている感じだった。平岡:長野で開業4年目を迎えるが、症例が1000例を超え、向かう所敵なし。 南:東京で開業。喋り方は変わっていない。峯崎:厚木で開業し、ボチボチやっている。
 ここに登場しなかった人の近況をご存知の方(本人でも可)は平川までご連絡下さい。
 もちろん登場した方でもOKです。



▲ページのトップへ




卒後24年目の同期会
末野 利治

 平成22年3月6日(土)に卒業して24年目の同期会を開催しました。
場所はいつもながら京王プラザホテルで、星医会総会の前日でしたが、13名の参加で最近は参加するメンバーが固定化しつつありますけれども、楽しく現在の状況や学生時代の思い出など話は尽きず、あっという間に時間は過ぎていきました。
 参加者は、宇野克明(神奈川で開業)、布施川(小笠原)久恵(国立神奈川病院)、久保博嗣(神奈川で開業)、坂根浩弥(愛媛で開業)、末野利治(東京病院)、武井 学(長野で開業)、武田 浩(神奈川で開業)、鄭 義弘(海老名メディカルプラザ)、内藤英二(神奈川で開業)、筑丸(藤田)志津子(神奈川で開業)、増田愛一郎(神奈川で開業)、宮本ゆう子(神奈川で開業)、森 哲(大分で開業)です。
途中から橘田 豊(山梨で開業)と加藤雅通(愛知で開業)が会場に来てくれて、更に盛り上がりました。  最後に皆で集合写真を撮りました。背景が光ってしまい顔が暗くなってしまいましたが、卒業時とほとんど変わらないと思いませんか? 僕だけ髪が薄くなってしまいましたが。(敬称省略)
 2次会は京王プラザホテルのラウンジでしたが、相原英雄(東京で開業)が参加してくれました。
 平成23年3月は、卒業して25年目です。四半世紀が経ってしまいました。記念となる年ですので、2年続きとなりますが、7期生会を開催したいと思います。今回は卒業対策費の残金で7期生の皆から預かっているお金の処理についても話し合いたいと思っています。この会報が出るころには、7期生会の締め切りが過ぎているでしょうが、ぎりぎりでも良いですので、参加出来る方は連絡を頂きたいと思います。



▲ページのトップへ




9期生会開催報告
松山 孝

 2010年3月6日土曜日、京王プラザホテル42階津久井で開催いたしました。昨年第1回を開催し好評だったため、2年連続で開催しました。(星医会事務局の鈴木さんにはかなり甘えて、事務連絡はじめご尽力お願いしました。)
 昨年の出欠で、次の機会があればとの返事もいただいていたのと、卒後20年が過ぎ昔のことが懐かしく、話すことが同窓会の数時間では足らないので、私の根気が続く限り毎年開催しようと考えました。
 出席は昨年よりやや少なく20名強でしたが、今回初めて出席のメンバーも多かったと思います。遠方では、北海道から伊藤宇一先生、長野から吉澤広幸先生・藤原道雄先生、福島から坂本浩保先生、秋田から京 吉紀先生ほかの先生が参加してくださいました。(幹事の不手際で集合写真が手元にありません。この開催報告もほぼ1年後に書いているので記憶もあいまいで。欠席の先生からも状況について知りたいとのことなので、お持ちの先生はお送りいただけるとありがたいのですが。なんとかお願いして次号の星医会誌に載せていただこうかと思います。)
 2年続けてやって思うのは出席、欠席の返事が4割くらいしかないのが残念です。
1年目は総会の案内と一緒のため気付かない人、読まないで捨ててしまう人もいるのではとのことで今回は9期生同窓会の案内を別に発送しましたが結果は同じで。いらないダイレクトメールも皆さんにも多く届くと思うのですが、星医会の封筒、郵便には皆様注意を払っていただき必ず一読願いたいと思います。

第3回 9期生会開催のお知らせ

  今年も星医会総会前夜に開催しますので、奮ってご参加下さい。
  既に開催案内を送付済みですが、当日参加も歓迎します。
  是非、ご参加下さい。
     日 時:2011年3月12日(土)午後7時より
     場 所:新宿 京王プラザホテル 42F「御岳(みたけ)」
     会 費:1万円程度




▲ページのトップへ




11期卒業生同窓会の報告
大木 教久

 今回、平成22年7月24日(土)「星医会 湘南ブロック親睦会」開催後の午後9時から、藤沢市内のイタリアレストラン「SHIRO」を貸切り、11期の同窓会を開催しました。今回、星医会の名簿に記載されている同窓生には、参加を呼びかけられました。しかし、名簿上で所在不明者も多く、また、開催地の問題で参加が困難であった同窓生も多くいたようです。参加者は計11名でした。我々は、本年卒後20年目の節目であり、過去に一度も同窓会の開催がなく、多くの同期生から同窓会の開催が要望されていました。私も開業し9年経ち、忙しい仕事の合間の準備でしたが同窓生に直接電話をする機会があり懐かしさのあまり長電話となっていました。我々の世代も大学在籍、勤務医も少なくなり、開業者が多くなりました。20年ぶりの再会もありみんなの近況も聞くことができ約2時間半あまりでしたが、全く遠慮をしない会話の多さに昔と変わらない時空にタイムスリップした雰囲気でした。また、今回参加できなかった同期生の近況もわかり大変良い機会が得られました。しかし、今回の準備するなかで11期生の名簿のアップデートの必要性も痛感しました。近年中に東京開催の同窓会を企画したいと仲間と相談しています。今回、開催にあたって御協力いただきました星医会会長の金渕一雄先生、事務局の鈴木様、そして協力してくれた同窓生本当にありがとうございました。また、連絡のとれない全国の同窓生、連絡を待っています。次回こそ会えることを楽しみにしています。最後に一言、同窓生のみんな自分の身体と心をいたわって生きていきましょう。




▲ページのトップへ
←目次へ戻る
←会報のページへ戻る